プログラミング教育 ソフト

プログラミング教育を学べるビスケットとは

ビスケット 公式画面

ビスケットは、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発したプログラミング教育ソフトです。

ビスケットでは、自分で描いた絵を「メガネ」と呼ばれるパーツに組み込むことで、絵の動きをプログラミングすることができます。

今回は、ビスケットについて解説します。

【他の教育ソフトもチェック!】
プログラミング教育を無料体験できるソフト一覧

ビスケットとは

ビスケットとは、2003年にNTTが研究開発したプログラミング言語の事です。「誰でもプログラミングを通してコンピューターの本質が理解出来る様になる」のがコンセプトであり、ネットに繋がったパソコンさえあれば、ブラウザ上で自由に色々なプログラミングが出来ます。

今までのコンピューター教育は、プログラミングに偏っていた節があり、コンピューター全体の仕組が分かる様になるまでは少し壁が出来てしまう所がありました。

ビスケットはその問題を解決する為に作られたプログラミング言語ですので、無機質で作業的では無く、楽しみながらプログラムを勉強する事が出来ます。

ビスケットの特徴について

「コンピューターを粘土の様に」というキャッチフレーズが、ビスケットには付いていますが、コンピューター特有の用語の難しさや分かり難さという物をビスケットは徹底的に排除しています。

ペイントツール1つにしても、適当に書いても失敗しない様な簡易さを追求していますし、色の選択等も従来機種の様に幾つかの段取で選択をしていかなければいけない等という事がありません。

その結果、小学校や大学や各種コンピューター訓練機関において、使用者のほぼ100%近い人が「楽しかった」という感想を持つに至りました。

勉強や訓練には違いないのですが、楽しい余地が強い分だけ使用者が積極的にビスケットを使う様になり、気付いたらコンピューター関連の技術が大きく向上していたという様な結果になるという事です。

ビスケットの始め方について

スマホやタブレットで使いたい場合は、アップルストアやGoogleプレイからビスケットのアプリを探してダウンロードして下さい。

パソコンのブラウザ上で使いたい場合には、そのまま公式サイトで使えば良いだけですが、アプリをインストールしてから使うという選択肢もあります。

ちなみに、使い方に関しては、公式サイトに上がっている遊び方動画を見ながらやってみるのも1つですし、ビスケットの使い方に関する関連本が発売されましたので、それを入手しつつ読みながらトライするのも悪くありません。

他にもビスケットで作られた作品が公式サイト内に沢山上がっていますので、その辺りをプレイしつつコツを掴んでみたりする方法も出て来ます。そして、これで慣れたならば、ワークショップに出て1つ上を目指す選択もあります。

ビスケットを使ってできること

難しい専門用語や使用法を覚えなくても、遊び感覚でゲームや動く絵本やアニメーションを作る事が出来ます。

「車が前に動く」という意味の「めがね」というコンピューター言語を色々なパターンに使う事で、コンピューターにどういう動きをしたら良いのかを1つずつ教えていくと考えて下さい。

一見すると、ワンパターンな単純な動作しかさせられない様な印象もあるかもしれませんが、組合せ方によってかなり高度な動きも可能になります。

変数や配列と言った一般的なプログラミング言語に組み込まれている要素が排除されている部分こそありますが、少しずつ確認しながら組み上げていく段取や、思った通りに動かない場合のデバッグ等は一般的なコンピューターのプログラミングと全く変わりません。

ビスケットの課題・問題点

ビスケットの課題と問題点では、「実際に変数や配列が必要なプログラミングをいつか学ぶ時になったら、ビスケットでの体験が邪魔にはならないだろうか」という物があります。

落ちてくるブロックを動かしつつ、一直線に隙間なく並べると消せるブロック崩しゲームで有名なテトリス等が分かりやすいですが、動きのパターン等をコンピューターに効率良く教える為には、数学の知識等があった方が話が早い面が多いです。

現行のビスケットでは、「めがね」を60個以上作って教え込まないといけないので、とても手間が掛かります。ただ、その問題の解決策として、ある程度経験を積んでから必要を感じた時に改めて使いこなせる様なパターン等の自動生成プログラムの実装された新バージョンのビスケットも検討されているとの事です。

スクラッチ スクラッチジュニア
ビスケット プログラミングゼミ
LINEエントリー コードスタジオ
コードモンキー ムーンブロック
プログル ライトボット