プログラミング教育とは

プログラミング教育とは?

プログラミング教育とは?

プログラミング教育とは、子どものうちから、プログラミングを使って、論理的思考力など考える力を身につけるために、行われるものです。

AIなど機械が人の仕事を奪っていく時代が近づくなか、プログラミング教育によって、将来活躍できる人材を育てる目的があります。

今回は、プログラミング教育について解説します。

プログラミング教育とは?

プログラミング教育は、簡単に書くとコンピュータにさせたい仕事をコンピュータが理解できる言葉で順番に書いていくための教育です。
2020年度から、小学生の授業でこのプログラミング教育が必修化されました。また中学は2021年度から、高校は2022年度から全面実施されます。

ただ、プログラミング教育の目的はみんながみんなIT職として活動を行うことを目的とはしていません。
ここで習うのは、論理的思考力というものです。

論理的思考力とは、コンピュータに指示を出すときのように物事に対して順序立てて考えてから、それを実行に移せる力のことです。
どのような人でも誤解がないように伝わるように明確で論理的なコミュニケーションを図れるようにすることが、プログラミング教育の目的といえます。

プログラミング教育にパソコンは必要?

プログラミング教育の授業内容

プログラミング教育の授業内容は、小学校の場合はプログラミング的思考を養うのが目的となります。
小学生の場合は、算数・理科などの既存の教科の中でプログラミングの要素を取り込むのが授業の主体です。

小学校の場合は、プログラミング教育をどこまで指導するかはそれぞれの学校の裁量に任されているため、やり方がそれぞれ異なります。
中学校の授業では、プログラム制作・動作の確認・検証・評価・改善・修正までを行い、より技術的な面に目を向けた授業を行います。

高校での授業では、主に情報を活用する能力を養います。高校では、コンピュータで情報が処理される仕組みを理解したうえで、問題を発見し解決できる力を育てていくことを目的とします。

プログラミング教育の授業内容は?

プログラミング教育のための準備

プログラミング教育を受けるために必要な準備としては、授業を受けるための教材が必須です。
必要なものとしては、タブレットやノートパソコンがあります。これらの機器がなければ、はじまりません。

さらに、インターネットができる環境も必要となりますのでWi-Fiのルーターや専用のインターネット回線が必須です。これは、完成したプログラムを公開するときに使用します。

授業は、書籍を使って行いますのでプログラミングに関する書籍も必須です。プログラミングの基本的なことを記したものからプログラミング言語の本まで色々な種類があります。

プログラミング教育にはどんな準備が必要?

プログラミング教育にむけて親ができること

プログラミング教育にむけて親の立場からできることは、子供をプログラミングを学べる教室に通わせることが挙げられます。
そこでの学習は、パソコンやタブレットを使ってのプログラミングを行うところが主流です。

ただ教室によって授業内容のカリキュラムがいろいろと違いがみられますので、体験を通じて子どもに合っているところを選んでいくと良いでしょう。

教室によっては、自分で制作したプログラムを発表したり動画制作などクリエイティブなことを学べるところもあります。全くパソコンを触ったことがない子が通う場合、タイピングを教えてくれる教室もあり1から学びたいときに適しています。

プログラミング教育で親ができること・知っておくこと

プログラミング教育のメリット・デメリット

プログラミング教育を受けることで得られるメリットは、論理的能力の向上が図れることです。
物事を整理して、筋道を立てて誰かに伝えることができやすくなります。

さらには、プログラミング教育をすることで将来の選択肢が広がることもメリットの一つです。IT関連のエンジニアなどは人材不足が課題ですので、実力さえあれば活躍できる可能性が高いです。試行錯誤をしながらコンピューターを動かす体験をするので、想像力・創造力も養えます。

デメリットは、基礎学力が低下してしまう懸念が考えられるほかインターネットを扱うことで有害サイトに子供がアクセスしてしまうリスクもあるため親や学校側がきちんと注意をしなければなりません。

プログラミング教育のメリットは?

プログラミング教育で覚えておくべき単語集

【プログラミング用語】順次実行

順次実行とは、プログラミングの基本構造のひとつで、プログラムに書かれた処理を上から順番に実行していくことを指します。

例えば、プログラムにA・B・Cという3つの処理を上から順に記述してプログラムを実行した場合、いきなりBやCの処理が実行されることはなく、きちんとA・B・Cという順番で実行されます。

一見すると当たり前のように思われるかもしれませんが、プログラミングをする上で処理を記述する順番は非常に重要で、場合によっては処理効率が悪くなったり、思ったような結果が得られなくなる可能性があるため注意が必要です。

プログラミングにおける順次実行とは

【プログラミング用語】条件分岐

条件分岐とは、一般的なプログラミング言語ではif文と呼ばれるプログラミングの基本構造で、ある条件に従って処理を分岐させることを指します。

例えば、年齢を入力するプログラムがあった場合に、入力値が20以上であれば成人と表示し、20未満であれば未成年と表示するといったように、特定の条件に合致する場合と合致しない場合で異なる処理を実行させることが可能です。

なお、最も基本的な条件分岐は特定の条件に合致するか否かで2つの処理に分岐させるものですが、複雑なプログラムになると3つ以上の分岐を用意することもあります。

プログラミングにおける条件分岐とは

【プログラミング用語】繰り返し

繰り返しとは、コンピューターに同じ処理を何度も実行させることを指します。
繰り返しは反復処理とも言われるプログラミングの基本構造で、条件分岐とセットで使用するのが基本です。

例えば、同じ処理を10回実行させる、計算結果が100以上になるまで足し算させるといった使い方をします。

なお、条件分岐を使用して繰り返し処理を終わらせるための条件を適切に指定しておかないと、コンピューターが同じ処理を永遠と実行し続ける無限ループと呼ばれる状態に陥って、いつまで経ってもプログラムが終了しないことになるため注意が必要です。

プログラミングにおける繰り返しとは

【プログラミング用語】アルゴリズム

アルゴリズムとは、問題解決のための方法や手順のことを指します。
ある目的を達成するために必要となる、何をどのような順番で行うのかという手順のことで、代表的なものとしては、データを並べ替えるソートアルゴリズムや、大量のデータの中から目的のものを探し出す探索アルゴリズムなどがあります。

アルゴリズムをプログラミング言語で記述したものがプログラムとなりますが、プログラミングにおいては、どのようなアルゴリズムを考えるのかが非常に重要で、同じ結果が得られるプログラムでも処理の手順を工夫することで処理時間が大幅に短縮できることがあります。

プログラミングにおけるアルゴリズムとは

【プログラミング用語】フローチャート

フローチャートとは、アルゴリズムを図式化したものを指します。フローチャートを利用するとプログラムの全体像を直感的に理解できるため、プログラムの設計時やプレゼンの際に頻繁に利用されています。

特に、複雑なプログラムを組む場合に有効で、必要な処理が抜け落ちたり、逆に余計な処理を書いたりするのを防ぐことができるため、作業効率の向上や綺麗なプログラミングにつなげることが可能です。

また、フローチャートは、プログラムの初めと終わりは角が丸まった四角、順次構造は四角、条件分岐はひし形といったようなルールに基づいて記述するのが一般的です。

プログラミングにおけるフローチャートとは