プログラミング教室

プログラミング教室のスイッチとは

スイッチ 公式画面

スイッチでは、テキスト通りだけでなく、プログラミングの基礎を学びながら、自分だけのゲームを作っていく能力を身につけることができます。

スイッチでは、プログラムを行うだけでなく、プレゼンテーションを行うため、「人に伝える」力も見につきます。

今回は、スイッチについて解説します。

プログラミング教室おすすめランキング!

プログラミング教室に通うメリットは?

スイッチの特徴について

Switch(スイッチ)は、小学生に向けたプログラミング教育を提供しているスクールです。子供たちの持っているイメージを形ある物にし、そこから得られた達成感からさらに新しい物を作ってみたいと思わせて豊かな発想力を育みます。

また、ゲームなどの作品を制作していて不具合が出た場合に、その原因や解決法を考え出して試すという過程を繰り返す習慣をつけさせるため、論理的に解決する力が身につくでしょう。

なお、授業のカリキュラムには想像力と創造力を鍛える要素が多く含まれているので、子供たちが新時代を生き抜く上で必要となる力を得られます。

スイッチで身につく力について

プログラミングスクールスイッチでは、ありきたりの考え方にとらわれず全く新しい物を生み出す創造的思考(クリエイティブシンキング)と、頭の中にあるイメージを論理的に考えて具現化する論理的思考(ロジカルシンキング)の2つが身につきます。

授業ではプログラミングを学べますが、ただソフトの使い方や知識を得るだけではなく、これらを通じて人生の様々な場面で役立つ思考力が鍛えられるため、子供たちにとって大きな力となるでしょう。

なお、スイッチは、これらの思考力こそがプログラミングを学ぶ本来の目的だと位置付け、独自のメソッドを用意しています。

他のプログラミング教室との違い

スイッチの大きな特徴として、独自で開発したタイピング練習アプリがあります。子供たちは毎回の授業でこのアプリを使用するため、プログラム言語を組む際に必須となるブラインドタッチを無理なく身につけられるでしょう。

また、ホームポジションに指を置いてローマ字を打つ練習をするので、クセのない自然なタイピングが出来るようになります。

さらに、進級システムや全国ランキングなどの競争要素もあるため、オンラインゲームを楽しむように練習出来ます。なお、このアプリは無料体験会でも試せるので、参加して見てはいかがでしょうか。

スイッチのコースについて

スクラッチコースでは、子ども向けプログラミング言語・Scratch(スクラッチ)を使って、オリジナルゲームを制作しながらプログラミングの基本的な流れや仕組み、考え方などを学べます。

授業は、パズル感覚でプログラムの指示や命令を動作させ、ゲームやアニメーションを作るといった内容です。次に、マイクラコースは知育教材としても定評のあるゲーム・Minecraft(マインクラフト)で学習出来ます。

キーボードとマウスを触りながらの授業となるので、パソコンの基礎スキルが自然に身につくでしょう。また、英語や回路などの学習要素も含まれているので、プログラミング以外の事についても学べます。

スイッチの料金について

スイッチの料金体制は、毎週90分月4回の税抜1万4千円と隔週90分月2回の税抜1万円の2種で、コースの違いによる料金の差はありません。

なお、毎週・隔週のどちらも入会金の税抜1万5千円が必要となります。また、これらの料金にはパソコンが貸し与えられる事や教材費と教室管理費が含まれているので、後から別料金が発生する事はありません。

さらに、紹介割引もあり、入会中の子供さんが友達を紹介した場合、最大3千円分のプリペイドカードがもらえます。他には、入会中の子供さんの兄弟姉妹が入会すると、子供さん2人目からは月額会費が2千円分割引となり、お得です。

テックキッズスクール
ライフイズテックスクール
リタリコワンダー
スイッチ