プログラミング教育 ソフト

プログラミング教育を学べるスクラッチジュニアとは

スクラッチジュニア 公式画面

スクラッチジュニアは、プログラミングソフトである「スクラッチ」よりも、低学年向けに作られたものです。

スクラッチは、8歳以上が対象ですが、スクラッチジュニアは5~7歳が対象。

今回は、スクラッチジュニアについて解説します。

【他の教育ソフトもチェック!】
プログラミング教育を無料体験できるソフト一覧

スクラッチジュニアとは

スクラッチジュニアとは小さな子ども(5~7才)でも使えるプログラミングアプリです。プログラミングとは「プログラム」を作る作業のことを指します。

プログラムとは、コンピューターに指示を出し、処理の順番を書きだしたものです。つまり自分で動くことが出来ないコンピューターに指示を出し、一連の動きを組み立て思った通りに動かすことが出来るのが、プログラミングです。

iPadやAndroidのタブレットを使い、絵本やゲームを作ることも可能となり、作るとは何かを学べます。スクラッチジュニアでは遊んで学べるプログラミングの体験が可能となるのです。

スクラッチジュニアの特徴について

スクラッチジュニアの特徴は、プログラム言語の知識がなくてもゲーム感覚で学ぶことができるという点です。子どもの目を惹くイラストやわかりやすい文字や記号を用いて、パズル感覚で遊べるようになっています。

さまざまな色彩も使われより子どもが興味を持ちやすい作りで、簡単なものから少し応用をきかせたものまで、子どものレベルに合わせてチャレンジすることができます。

子どもがいやいや学ぶのではなく、自分から興味をもって遊んで学べる工夫が盛り込まれています。子どもが遊びたいiPadやAndroidのタブレットで学べることも大きな特徴です。

スクラッチジュニアの始め方について

スクラッチジュニアの始め方は、iPadやAndroidのタブレット端末にダウンロードすると始められます。スマートフォンは非対象なのでその点は注意してください。端末にダウンロードするとすぐに使うことができ、とくにユーザー登録などは必要ありません。

スクラッチジュニアのアプリはAppStoreでダウンロードできます。費用も無料でダウンロードができ、有料コンテンツではありません。

12か国の言語が選択可能で、日本語を選択すると説明や表示はひらがなで表記されます。言葉が読めない子どもでもイラストで感覚的にわかるようになっています。

スクラッチジュニアを使ってできること

スクラッチジュニアを使ってできることはゲームやアニメが作れるようになります。はじめは作り方がわからなくてもサンプルプロジェクトというものが用意してあり、そのプロジェクトを参考にすると誰でも簡単に作成が可能です。

はじめは真似をすることで基本動作を覚えていき、「この組み合わせでこの動きができる」という理解につながっていきます。子どもの発想力を豊かにする学びができるのです。

操作も感覚的におこなうものばかりで、遊びながら学ぶという体感が得られます。スクラッチジュニアのキャラクターが自然に子どもを学びに導いてくれます。

スクラッチジュニアの課題・問題点

スクラッチジュニアの課題・問題点としては、iPhone・スマートフォンではできない点です。スマホからできると、子どももより気軽にアプリを開き学ぶという行動が増えるでしょう。普及率からいってもタブレットよりもスマホを持っている家庭の方が多いからです。

そしてはじめに動画が流れるところで、子どもの興味は動画にばかり目がいってしまう点もあります。動画は子どもの目を惹きつけます。

しかし惹きつけすぎるとそこばかりに意識がいく傾向がみられます。動画は程よい長さで打ち切り、取り組みができる仕様になるとより効率もあがることでしょう。

スクラッチ スクラッチジュニア
ビスケット プログラミングゼミ
LINEエントリー コードスタジオ
コードモンキー ムーンブロック
プログル ライトボット