プログラミング教育 ソフト

プログラミング教育を学べるスクラッチとは

スクラッチ 公式画面

スクラッチは、プログラミング教育の中で、最も使用されるプログラミングソフトです。

スクラッチ以外のプログラミングソフトは、スクラッチを元に制作されたものもあるほど。

今回は、プログラミングソフトのスクラッチについて解説します。

【他の教育ソフトもチェック!】
プログラミング教育を無料体験できるソフト一覧

スクラッチとは

Scratch(スクラッチ)とは、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボによって開発された子供向けのビジュアルプログラミング言語です。
ビジュアルプログラミング言語は、コードを記述していく一般的なプログラミング言語とは異なり、ブロックなどを組み合わせるだけでプログラミングができるという特徴があります。

ビジュアルプログラミング言語では、主にマウス操作によってプログラミングを行うため、キーボード操作などパソコンの使い方に慣れていない子供でも比較的簡単に扱えるというメリットがあります。

現在、ビジュアルプログラミング言語には様々なものがありますが、その中でも最も普及しているのがスクラッチで、世界150以上の国や地域で利用されており、日本語を含め40以上の言語に対応しています。

スクラッチの特徴について

スクラッチは、対象年齢が8~16歳のプログラミング言語で、日本語に対応しているだけでなく、ひらがなモードも搭載されているため、小さなお子さんでもプログラミングに取り組みやすいという特徴があります。

また、ブラウザ上で利用できるオンライン版と、パソコンにインストールするオフライン版の2つのタイプが存在しており、どちらも無料で利用できるのもスクラッチの特徴です。

さらに、スクラッチの最大の特徴と言えるのが、Scratchコミュニティと呼ばれる専用のコミュニティがあることで、自分の作品を世界中に公開できます。
もちろん他の人の作品を見て遊ぶこともできますが、作品をコピーして自分なりのカスタマイズを加えることも可能です。

スクラッチの始め方について

前述したように、スクラッチにはオンライン版とオフライン版の2つのタイプが存在します。
ブラウザ上で利用できるオンライン版は、公式サイトのトップページにある「作ってみよう」もしくは画面上部にある「作る」をクリックするだけで、すぐにスクラッチを利用できます。

ただし、オンライン上に自分の作品を保存しておくためには、アカウント登録が必要です。アカウント登録は、先ほどの「作ってみよう」の隣にある「参加する」もしくは画面上部の「Scratchに参加しよう」から行えます。

一方、オフライン版の場合は、公式サイトの下部にあるダウンロードをクリックし、自身のパソコンのOSを選択します。OSを選択すると、OSごとのインストール方法が表示されるため、指示に従ってインストールすることでスクラッチを始めることができます。

スクラッチを使ってできること

スクラッチでは、スクラッチでは自由な発想で様々な作品を作ることができます。
例えば、用意されているブロックを組み合わせてスプライトと呼ばれるキャラクターを動かすことで、アクションゲームやシューティングゲームなどのゲーム作品を作成可能です。

ブロックの組み合わせ方を工夫すれば、本格的なゲームを作ることも可能で、実際にScratchコミュニティには本格的なゲームが多数公開されています。

また、スクラッチには「ペン」「音声合成」「音楽」などの機能も搭載されており、これらを組み合わせることでアニメーションなどの作品を作ることもできます。

スクラッチの課題・問題点

スクラッチを利用するに当たって注意すべきなのは、スクラッチはあくまでプログラミングをする環境であって、プログラミングを教えてくれる教材ではないということです。

スクラッチには簡単なチュートリアルは用意されていますが、スクラッチを利用してプログラミングを学ぶためには、参考書などの教材や周囲のサポートが必要となります。

また、ビジュアルプログラミング言語全般に言えることですが、ブロックを組み合わせていくという性質上、コードを記述していく一般的なプログラミング言語と比べると、できることに限界があるという点も念頭に置いておく必要があります。

スクラッチ スクラッチジュニア
ビスケット プログラミングゼミ
LINEエントリー コードスタジオ
コードモンキー ムーンブロック
プログル ライトボット