プログラミング教育とは

プログラミング教育にパソコンは必要?どんなパソコンがいい?

プログラミング教育にパソコンは必要?どんなパソコンがいい?

プログラミング教育を始める上で、パソコンは必須アイテムと言えます。

しかし、万が一パソコンがなくても、プログラミングを学ぶことも可能です。

今回は、プログラミング教育におけるパソコンについて解説します。

プログラミング教室のスイッチとは

パソコンは大きくて明るいディスプレイがいい

プログラミング教育用のパソコンは、大きくて見やすいディスプレイがおすすめです。
簡単なプログラムを作成する場合も英数字や記号などを使用するので、細かい文字を見分ける必要があるからです。

プログラミング言語の中にはセミコロンとコロンや、ピリオドとコンマを使い分けるケースがあります。
指導する時に作成途中のプログラムを見る必要もあるので、画面が大きくて明るい方が良いでしょう。

ノートパソコンでもプログラムの作成は可能ですが、教育用に使用する場合はデスクトップパソコンがおすすめです。
ちなみに小学校ではScratchというグラフィカルなプログラミング言語が使用されるので、子供の学習用であれば画面が見やすいディスプレイがおすすめです。

プログラミング教育で親ができること・知っておくこと

パソコンのキーボードはしっかり打てるものを用意

プログラムを作成する時は、1文字でも間違えると正しく作動しません。
記号や関数を記述する場合は性格に入力する必要があるので、大きめでしっかり打てるキーボードを用意しましょう。

記号を多く使用するので、キーボードボタンに印字されたマークが見やすいものを選ぶことが大切です。

キーボードに慣れるまではアルファベットや数字の見間違いが原因でパグが発生することがあるので、視認性の良いキーボードがおすすめです。
ノートパソコンのキーボードは小さめに作られているので押し間違いが起こりやすく、デスクトップパソコンを選んだほうが良いでしょう。

プログラミング教育の授業内容は?

プログラミング教育にパソコンは必要なのか?

本格的にプログラムを学習する場合は、コンパイラーやインタプリタがインストールされているパソコンが必要になります。
ただし、必ずしも最新のWindowsやMacPCが必要になるという訳ではありません。

高校や大学ではC言語を学ぶ機会がありますが、古いパソコンにネット上からダウンロードしたLinuxをインストールして活用する方法があります。
小学生であれば、パソコン以外にもタブレット端末で教育用のアプリをインストールして学習する方法もあるでしょう。

プログラムを記述して実行させる場合はパソコンが必要になりますが、アルゴリズムを理解して組み立てる場合は紙とペンで学習することができます。
特に論理的な思考やプログラムの流れを理解させる場合は、コンピュータから離れて学ぶ方が良いでしょう。

プログラミング教育にはどんな準備が必要?

できればプログラミング教育にパソコンはあるといい

パソコンがなくても、プログラミング教育はある程度可能です。
それでも、実際に記述して動作せるためにはどうしてもパソコンが必要になります。

紙に記述するだけだと「机上の空論」になってしまうので、小学生でも教育用にパソコンを用意した方が良いでしょう。
子供がプログラミング技術を身に着けるためには、他人から教わるだけでなくて自ら積極的にチャレンジすることが大切です。

プログラミングを習得する近道とは遊びながら慣れることなので、家庭で自由にプログラムの作成ができる環境を整えておくと効果的です。
中古品でも構わないので、プログラム教育用のソフトやコンパイラーをインストールしたパソコンを用意しましょう。

プログラミング教育のメリットは?

ただ、パソコンがなくてもプログラミング教育はできる

パソコンが用意できなくても、小学生であればモバイル機器や電子工作キットを活用してプログラミング教育をする方法があります。

Android版のプログラミング学習用アプリが用意されているので、タブレット端末を活用してプログラムの作成や論理的な思考力を学習することが可能です。
ちなみにAndroid版のタブレット端末はモデルチェンジの際に旧モデルが格安価格で販売されていることがあるので、少ない費用で子供のプログラミング教育ができるでしょう。

プログラムの仕組みを理解するために子供向けの電子工作キットも販売されており、楽しく遊びながらプログラミングの学習ができます。

プログラミング教育はなぜ必修化するの?