プログラミング教育とは

プログラミング教育で親ができること・知っておくこと

プログラミング教育で親ができること・知っておくこと

プログラミング教育で親ができることは、子どもが楽しくプログラミングができる環境を整えてあげることです。

そのためには、実際に親がプログラミングをやってみて、プログラミング教育とは何を理解する必要があります。

今回は、プログラミング教育で親ができることについて解説します。

プログラミング教育とは?

プログラミング教育を親も体験してみる

子どもにプログラミング教育を受けさせるなら、親も体験してみることが大切です。
親子で一緒に体験することにより、子どもが勉強する動機付けになりますし、親が学ぶ姿勢も見せることでやる気もアップするでしょう。

また保護者もプログラミングを学ぶことは大きなメリットがあり、これからの時代はますます機械化されていくと考えられています。

基礎的なプログラミングを学ぶだけでも機械やコンピューターの仕組みを理解できるので、さまざまな場面で役に立つでしょう。
保護者も一緒に子どもと学ぶことによって、多くのメリットが得られます。

プログラミング教育のメリットは?

親がプログラミング教育の大事さを知ることが大切

これからの時代、プログラミング教育は重要になると言われています。
そのため小学校から必修化されるようになりましたが、親世代のなかには重要性が理解できていないケースも見受けられます。

親がプログラミング教育の大切さを理解できなければ、子どもも真剣に学ぼうとしないでしょう。
ですから保護者もプログラミング教育への理解を深めるために、一緒に体験したりこれからの未来を考えることが大切です。

体験や未来に思い巡らせることにより大切さに気づけたら、子どもにより良い教育環境を作ることができて、プログラミングがしっかりと身につきます。

プログラミング教育はなぜ必修化するの?

家庭でも体験できるプログラミングツールについて

プログラミングスクールは、生徒が教室に集まり指導を受けるスタイルだけではありません。
家庭でも体験できる通信教育も用意されており、専門の教室に通わなくても学ぶことができます。

通信教育なら子どもや家族のペースにあわせて学べるので、塾や他の習い事と両立させやすくなりますし、仕事や家事で忙しい親も一緒に体験できるでしょう。

家族みんなで学べるのも通信教育の良いところなので、まずは家庭での体験から始めてみるのもおすすめです。
プログラミング教育を体験できるツールは、子どもや家庭の環境に合わせることも大切です。

プログラミング教育の授業内容は?

親は子供にパソコンに触れる機会をつくる必要がある

少し前までは、パソコンがある家庭は多くありました。
しかしスマホが現在のように普及し始めてからは、パソコンがない家庭も少なくありません。

現在ではスマートフォンが普及率で逆転し、パソコンに触れずに育った子どももいるほどです。
プログラミング教育において、パソコンは必須です。

家庭にないといつでもプログラミングができないために、教育環境が良いとは言えません。
実際にプログラミングをしなくても、子どものときからパソコンに触れる機会があるとスムーズに知識を吸収できるので、一台は用意しいつでも触れられるようにしておきましょう。

プログラミング教育にそもそもパソコンは必要?

プログラミング教育の前にパソコンの使い方を知る

プログラミング教育の前に、基本的なパソコンの使い方を知っておかなければいけません。

基本的な操作方法から表計算ソフトなど、基礎的な使い方を知っておくのは当たり前です。
表計算ソフトでもマクロを使えばプログラミングの基礎に触れられるので、高度な使い方を学ぶ前に基本中の基本は身に付けておきましょう。
簡単な使い方だけなら、専門の教室に通わせる必要はありません。

仕事でデスクワークをしている親なら、子どもに教えてあげることもできるでしょう。
操作などの使い方がわからないとスタートラインにも立てませんから、教育お受けさせる前に教えておきたいことです。

プログラミング教育にはどんな準備が必要?