プログラミング教室

プログラミング教室・スクールに通うメリットは何?

プログラミング教室・スクールに通うメリットは何?

プログラミング教室に通うメリットは、自分が作ったプログラミングを一緒に共有できる仲間に巡りあうことができることです。

プログラミングは、よほどパソコンに詳しい親でないと、子どもが作ったプログラミングが良いのか、悪いのかも分からないと思います。

プログラミング教室では、一緒にプログラミングをする仲間を得ることができ、よりプログラミングを学ぶ意欲を高めます。

今回は、プログラミング教室に通うメリットについて解説します。

プログラミング教室おすすめランキング!

【メリット①】プログラミングをする仲間ができる

子どもは自分が頑張って作ったものを、家族や友人に見せて反応を見たいと言う欲求があります。作ったものを認めてもらえば、子ども自身を認めることに繋がるからです

。他人に見てもらい承認欲求を満たすことができれば、それが新たな技術を習得するためのモチベーションになります。そうして技術が上達していけば、より複雑なプログラミングもこなすことが出来るようになり、中級者、上級者と呼ばれるようになります。

一人でプログラミングを学んでいると、他人に見せる機会があまりありませんが、プログラミングスクールならば授業の度に講師や生徒に見せられますし、家に帰ってからも家族や友達に見せる機会が生まれます。

子どもは作ったものを見せたい欲求がある

プログラミングスクールで技術を学べば、子どもの感覚でゲームが作ることができ、それを友達に遊んでもらって感想を聞くことができます。市販のゲームほどのクオリティはありませんが、自作のゲームで遊ぶことにはまた違った魅力があります。

面白いゲームが作れたならば、友達から尊敬の目でみてもらえるでしょう。また簡単なプログラムであれば数分で作れるので、友達の前でも制作ができます。作ったプログラムは、ネットに投稿できるサイトがありますから、直接会えないときでもそのサイトのURLを教えてあげれば友達に好きなタイミングでダウンロードしてもらえます。

そうして友達にゲームを遊んでもらうことで、作ることの喜びを学べますから将来はプログラミングの仕事をしたいと思う子どももでてくるでしょう。

自分が作ったゲームを友達に遊んでもらえる

プログラミングスクールでは、授業で学んだことを生かして作り上げたプログラムの発表会を開催する事が多いです。発表会では講師や生徒、場合によっては親をはじめとした一般の人を前に、自分の力だけで完成させたプログラムをプレゼンします。

発表会を経験することは、オリジナルのプログラムを完成させたと言う達成感や、他の生徒が発表した作品との比較ができるので、ただ授業を受けているだけよりも成長できるチャンスが生まれます。

また作品の説明をするにあたっては、アピールしたいことを整理して、わかりやすい説明を考えなければいけません。その作業を通じて、人に伝える力も磨かれます。

【メリット②】子どもが自分の作った作品を発表する機会がある

プログラミングスクールでは、仲間や講師とともにいろいろなことを学んでいけます。一人でプログラミングの勉強をしていると、わからないことが出てきたときにそこから先に進むことができないこともありますが、協力や競争を通じて成長していくことで壁を容易に突破できます。

順調に勉強ができているとしても、何のためにプログラミングの勉強をしているのか、何を目指して勉強をしているのか見失ってしまうこともあります。

プログラミングスクールは、スクールが作ったカリキュラムに基づき授業を進めていくので、一通りの技術を習得し卒業をすることを目標に最後まで勉強のモチベーションを維持できます。

ひとりの世界に閉じこもらず成長していける

プログラミングスクールには、同じように技術を学びたい生徒が通っています。プログラミングスクールのコースは学びたい内容や生徒のレベルで分かれており、同じ目的持つ仲間、同じくらいの技術レベルの仲間ができます。

仲間がいれば、わからない所を教えあったり、逆に競争をして成長ができます。子どもは、興味があることには熱中しますが、なにか壁にぶつかるととたんに興味を失いやる気を失います。

そんなときに、助け合うことできる仲間がいれば、諦めずに頑張ろうという気持ちが生まれます。なので、途中で技術を習得する前にプログラミングスクールを辞めることはなくなるでしょう。

テックキッズスクール
ライフイズテックスクール
リタリコワンダー
スイッチ