プログラミング教育とは

プログラミング教育のメリットは?

プログラミング教育のメリットは?

プログラミング教育を行うことのメリットは、子ども自身が自ら考える力を身につけることができることです。

プログラミング教育は、プログラミングの能力を高めることを目的にしているのではありません。

プログラミングを行う過程で培われる論理的思考力を、高めるために行われます。

今回は、プログラミング教育のメリットについて解説します。

プログラミング教育とは?

プログラミング教育は頭を使うクセが身につく

まもなく日本国内の義務教育においてプログラミング教育課程の履修が義務付けられることになっています。

これまでプログラミング技術は一定の技術者がスキルとして習得するもので、通信間連やソフト開発に携る一部の業界に関係を持たないものにあっては無塩の世界と考えられてきました。

しかし政府が進める一連の教育関連の取り組みの中で、プログラミング教育は、特に重要とかんがえられています。
メリットの中でも最大のものは、プログラミング教育に向き合うと、自分の頭で課題に向き合い、自分なりの解決を考案する必要に迫られるので頭を使うクセが習慣づけられるということです。

プログラミング教育で親ができること・知っておくこと

頭を使うと自然と脳が鍛えられ学力アップする

従来の小学校中学校の義務教育課程におけるっ教育のあり方は、学習指導要綱に依拠したカリキュラムを座学で学び基礎学力を習得するというものにありました。
この伝統的なスタイルは、全国民に一定レベルの知識や素養を身につけることが出来る点にあります。

しかし自分の頭で考え、解決策を模索するという思考を涵養する点では、必ずしも満足できないものでした。

これに対してプログラミング教育は、基礎的知識を学んだ後は、所定の目的を達成するためのプログラムを自分なりに考える姿勢が必須になります。考える力をつけることは、未知の問題への会報を検討するのと通低するので、学力アップも期待できます。

プログラミング教育の授業内容は?

プログラミング教育は論理的思考力を高める

プログラミングは、特有の言語を特定のルールに従って記述しなければ、想定したメカニズムで動作させることは困難です。
日常言語とは異なる次元の言葉を駆使するには、特有の法則や決まりごとを組み合わせて、プログラムの形に吐き出して初めて目的を達成することになります。

つまり機能するプログラムを完成させるためには、一定のルールに依拠して所定の動作をパソコン上や機械操作などの形で、具体化する必要があります。

したがってプログラミング教育に取り組むことは、論理的思考力を高めることを意味します。思考する過程が自然に身に付く、ここにプログラミング教育の独自性があるといえます。

プログラミング教育はなぜ必修化するの?

プログラミング教育は創造力を広げる

私たちの暮らしは様々な携帯端末の発展に追うところが大きいといえます。例えば目的地までの経路が分からないときの道路検索機能をもつアプリ、単純化していえばプログラミングの成果です。

ライフハックをもたらすアプリは枚挙にいとまがありません。これらの利便性の高い名だたるアプリやクラウドサービスなども、根底にはプログラミング技術が存在します。

「こういう機能があれば便利だな」、こういったプリミティブな人間の希望や要求を具体的解決することはプログラミングは可能にします。つまりプログラミング教育は想像力を広げ、さらなる技術革新につながる無限の可能性があります。

プログラミング教育にそもそもパソコンは必要?

プログラミングができれば社会をリードする人材になれる

従来の日本の学校教育においては、高等教育機関に位置づけられる大学なども含めて理系と文系という確固たる学際的すみわけが当然のことと認識されてきました。

しかし情報技術革新や金融工学の発展などは、理系と文系の垣根をとり越えてハイブリッドな人材への高い需要を発掘してきました。文系出身で理数系の知見とは無縁な業界にあっても、プログラミングの基礎的素養は習得するべきとの傾向が顕著になっています。

今後の社会をリードするのは、プログラミング技術の基礎的素養を身につけて、学問の垣根を越えて柔軟に思考できる人材が求められています。したがってプログラミングは、今後の社会をリードする上で必須のスキルと考えられているようです。

プログラミング教育にはどんな準備が必要?