プログラミング教育 ソフト

プログラミング教育を学べるLINEエントリーとは

LINEエントリー 公式画面

LINEエントリーは、千葉大学とLINEが共同開発したプログラミング学習プラットフォームです。

Scratch(スクラッチ)を参考したビジュアルプログラミング言語を採用しています。

今回は、LINEエントリーについて解説していきます。

【他の教育ソフトもチェック!】
プログラミング教育を無料体験できるソフト一覧

LINEエントリーとは

どこにいても今すぐにプログラミングを始めることができるのがLINEエントリーです。豊富なツールを使い、誰でも簡単にプログラミングを学ぶことが出来ます。

PCやタブレットがあればどこでも授業を始めることが出来ますし、子供たち同士でお互いの作品を見ることも可能です。

子供が主体となって学ぶことが出来るので、考える力が自然に身に付きます。考えることが得意になり、好きになるきっかけにもなります。授業に活用できる教材を無料で使うことが出来て、教科や学年別に教材を使い分けることも可能です。サポート体制も充実しています。

LINEエントリーの特徴について

LINEエントリーは難しく考えがちなプログラミングを楽しく学ぶことができます。学習コンテンツが法にあるので、子供は飽きることなく取り組むことが可能です。

ゲームで遊んでいるような感覚で取り組めるので、ゲームが好きな子供にも最適です。LINEのアプリでよく見かけるLINEレンジャーというキャラクターも登場するので、LINEを普段から使っている人はより親近感を感じます。

見た目は子供にも分かりやすいように作られていますが、マサチューセッツ工科大学で開発されたScratchを参考にしたプログラミング言語を使っているのも特徴です。

LINEエントリーの始め方について

まずはLINEエントリーにアクセスして、会員登録をします。生徒用と先生用があるので、子供が利用する場合は生徒用をクリックします。

メールアドレスを入力すると、認証キーを送られてきて、それを入力すると登録完了です。PCやタブレットがあればどこでも授業を開催することができます。

オフラインでも利用可能で、その場合はオフライン版をダウンロードすれば良いです。オフライン版はインターネット環境がなくても使うことが出来ますし、何かを買い足す必要もないです。windows、Macに対応したパソコンさえあればOKです。

LINEエントリーを使ってできること

まずはLINEエントリーにアクセスして、会員登録をします。生徒用と先生用があるので、子供が利用する場合は生徒用をクリックします。

メールアドレスを入力すると、認証キーを送られてきて、それを入力すると登録完了です。PCやタブレットがあればどこでも授業を開催することができます。

オフラインでも利用可能で、その場合はオフライン版をダウンロードすれば良いです。オフライン版はインターネット環境がなくても使うことが出来ますし、何かを買い足す必要もないです。windows、Macに対応したパソコンさえあればOKです。

LINEエントリーの課題・問題点

出来て間もないサービスということもあり、実際に利用した人の意見や口コミなどは少ないです。新しいサービスに対して抵抗感がある人は、少し抵抗を感じることもあります。

会員登録をしないと利用できないので、登録作業が面倒な人は少し敬遠します。登録なし、完全無料で使うことが出来るツールも登場しているので、LINEエントリーも利便性を向上させる必要があります。

教員向けのサポートシステムである出前授業というものは、どこまで対応しているのか分かりにくいです。対応エリアなども明確にしておかないと混乱する人が増えてしまいます。

スクラッチ スクラッチジュニア
ビスケット プログラミングゼミ
LINEエントリー コードスタジオ
コードモンキー ムーンブロック
プログル ライトボット