プログラミング教育とは

プログラミングにおける繰り返しとは

プログラミングにおける繰り返しとは

プログラミングでは、ある一定の処理を繰り返す命令を記入することがあります。
同じ処理を何度も実行するような場面では、その数だけ書くのではなくて繰り返し処理が行われるように命令します。

同様の処理を行う場合には、一回だけ記述すれば何度も実行してくれますので、非常に便利です。プログラミング言語ではループ処理と言われ、for文とwhile文とに分けられます。これらの二つを上手く使い分けると効率が良くなりますので、使い分けの方法を学ぶことが大切です。

基本的にfor文は繰り返す回数が決まっている場合に適していて、while文は回数の決まっていない場合に適しています。回数が決まっていない場合でも、条件を記せばそれに合致する間は実行される仕組みです。forの方は回数を数えるためにカウンタを用意する等して対処します。

二つの繰り返し文をしっかりと理解して必要な所に使えれば、きちんと整った見やすいプログラムになります。

プログラミング教育とは?