プログラミング教育とは

プログラミングにおける順次実行とは

プログラミングにおける順次実行とは

プログラミングを行う時に処理の順番によって何通りかの種類があります。
そのうちの一つ順次実行は、書いたのと同じ順番で処理していくことです。

通常行事などは進行表にしたがって順番通り行われますが、順次実行ではプログラムで同じように処理することを言います。プログラミングの初期では、単純で最もわかりやすい方法なのでよく使われています。

デメリットとしては単純な処理しか扱うことができないことです。条件による分岐や繰り返しができないため、判断が必要な工程は含めることができません。また、ひとつひとつ処理しなければならないので、省略できるような作業も実施されるため、効率が悪くなることもあります。

メリットとしては、後から見直した時にわかりやすいことや新しい作業を追加したい時に、実行したい順番に書き込むだけで済むので間違いがありません。インプットとアウトプットが一対一で確認できるので、間違いな少ないことも考えられます。

プログラミング教育とは?