プログラミング教育とは

プログラミングにおける条件分岐とは

プログラミングにおける条件分岐とは

プログラムを作成することをプログラミングと呼び、これによってコンピューターは動作します。
人はプログラミングによって、コンピューターへ指示を出せるのです。

通常、プログラムは上から順番に実行されていきます。ただし、これだけではやがて行き詰ってしまいます。条件によりその流れを分岐したい局面もでてきます。それを可能にするのが、条件分岐と呼ばれるものです。

この条件分岐は、もし条件を満たしていたら次の処理へ、満たしていなかったら別の処理へ分岐することができます。これを組み合わせることで、複雑な条件も判断することが可能となります。

ほとんどのプログラミング言語ではifというキーワードが使用されます。英語のもしにあたる意味なので、処理のイメージもしやすいでしょう。

単純に2つに分かれることを単一分岐と呼びます。条件により複数に分かれることを多重分岐と呼びます。多重分岐ではswitchというキーワードが使われることが多いです。

プログラミング教育とは?