プログラミング教育 ソフト

プログラミング教育を学べるコードスタジオとは

コードスタジオ 公式画面

コードスタジオでは、マインクラフトやスター・ウォーズの世界の中で、楽しくプログラミング教育を受けることができます。

コードスタジオでは、じっくり学べる20時間コースをはじめ、プログラミングをじっくり学べるコンテンツが用意されています。

今回は、コーススタジオについて解説します。

【他の教育ソフトもチェック!】
プログラミング教育を無料体験できるソフト一覧

コードスタジオとは

コードスタジオ(Code Studio)とは、アメリカのCode.orgという非営利団体がオンライン上で提供している教育用のプログラミング環境です。コードスタジオでは、一般的なプログラミングのようにソースコードを記述するのではなく、ブロックを組み合わせることでプログラミングするビジュアルプログラミング言語を主に使用します。そのため、コンピューターの扱いに慣れていない子供でも、簡単にプログラミングの基礎を学ぶことが可能です。特に、対象年齢が4歳以上のコンピュータサイエンス入門という初心者向けのコースは、4つのコースから構成されており、それぞれチュートリアルに沿って進めていくだけで段階を踏みながらプログラミングの基礎を学べます。

コードスタジオの特徴について

コードスタジオでは、前述したコンピューターサイエンス入門以外にも、簡単なアプリケーションを作成できるアプリラボや、簡単なアニメーションやゲームを作れるゲームラボといったツールも提供されています。

また、スターウォーズやアナと雪の女王といった人気作品とのコラボもしており、作品内のキャラクターを使用しながら学習できるため子供でも飽きずに学習に取り組めるという特徴もあります。

さらに、JavaScriptというプログラミング言語でのコード確認やコード入力にも対応しているため、JavaScriptの基礎を学ぶことができ、コードスタジオでの学習後にスムーズにJavaScriptの学習へと移行できるというメリットもあります。

コードスタジオの始め方について

コードスタジオは、無料で利用できるプログラミング環境で、コンピューターサイエンス入門や人気作品とのコラボがあるHour of Codeに関してはアカウント登録なしで利用できます。

例えば、コンピュータサイエンス入門を利用する場合は、まず公式サイトにアクセスしてから、希望の学習コースを選択し「いますぐためす」を押すだけで学習を開始することが可能です。

なお、アプリラボなど利用するためにはアカウント登録が必要となりますが、GoogleやMicrosoftのアカウントやFacebookでのログインにも対応しています。

コードスタジオを使ってできること

コードスタジオのコンピューターサイエンス入門では、チュートリアルに従っていくだけでプログラミングの基礎を学ぶことができますが、アプリラボやゲームラボを利用すればオリジナルのプログラミング作品を作ることも可能です。

また、作成した作品はオンライン上に公開することで、全世界のユーザーと作品を共有することも可能となっており、他の人の作品を見て自分なりのカスタマイズを加えることもできます。

実際のプログラミングでも、他の人が書いたコードを参照することが頻繁に行われるため、他の人の作品をカスタマイズする行為はその後のプログラミング学習にも役立つでしょう。

コードスタジオの課題・問題点

コードスタジオは、日本語に対応していますが、英語から自動翻訳されたような日本語なので、少々分かりにくいというデメリットがあります。

また、チュートリアルで再生できる動画は日本語字幕を表示させることもできますが、子供が理解するのは難しいかもしれません。さらに、アプリラボやゲームラボなどにおいては、全て英語表記での説明となっているため、日本人には使いにくいという問題もあります。

しかし、プログラミングの基礎を学べるコースについては、特に説明を受けなくてもある程度は学習を進められるので、興味のある方はコードスタジオでの学習を初めてみてはいかがでしょうか。

スクラッチ スクラッチジュニア
ビスケット プログラミングゼミ
LINEエントリー コードスタジオ
コードモンキー ムーンブロック
プログル ライトボット