プログラミング教育とは

プログラミングにおけるアルゴリズムとは

プログラミングにおけるアルゴリズムとは

プログラミングにおけるアルゴリズムとは、問題解決までのプロセスを解析するための手段です。

たとえばプログラミンにはYES・NOの2つの選択肢によって組み立てられてるシステムであり、これを2進法といいます。
数字で言い換えると0と1でしか構成されておらず、たった1つの動作をパソコン内で表現するためにも数多くのアルゴリズムパターンを経て結果を得られるというわけです。

このアルゴリズムを組み立てる時、必ずフロチャート表を製図しなくてはいけません。行う動作と得られる結果を書き表し、これを2進法を用いてプログラムしていきます。

このアルゴリズムはプログラムの基礎であるので、必ず身に付けておかないといけません。物事を筋道にそって考えていく知識を必要とし、行動内容によって幾多の結果も導き出せるのでプログラムも必然的に限りのない無限の可能性を秘めたシステムになっています。

このアルゴリズムがプログラムの根幹であり、避けられない事象といえます。

プログラミング教育とは?